元祖 恋の片道切符

ニール・セダカ(Neil Sedaka, 1939年3月13日 - )はアメリカ合衆国のポピュラー音楽の シンガーソングライター。ニューヨーク州ブルックリン出身 。

セダカは幼少期からピアノを習い、同じアパートに住んでいた作詞家ハワード・グリーンフィールドと共同で曲を作り始めた。高校時代には友人たちとポップ・グループ、トーケンズを結成し「ライオンは寝ている」がヒット、その後はジュリアード音楽院で学ぶ。

1958年にコニー・フランシスのために作った「間抜けなキューピッド」が成功を収め注目される。同年にRCAレコードとソロ歌手として契約を結び「おお、キャロル」、「カレンダー・ガール」、「すてきな16才」、「悲しき慕情」などをチャート・インさせ、ポール・アンカと並ぶ全米のトップアイドルとなった。尚、「恋の片道切符」は、歌詞中に「Bye Bye Love」(エヴァリー・ブラザーズ)「Lonely Teardrop」(ジャッキー・ウィルソン)「Lonesome Town」(リッキー・ネルソン)「Heartbreak Hotel」「A Fool Such As I」(ともにエルヴィス・プレスリー)などの当時の全米ポップヒットの題名を織り込んでいることからもわかる通り、もともとは「おお、キャロル」のカップリング用に埋め草として録音された曲で、作曲もセダカではないが、哀愁に満ちたメロディと声質が日本人の心を掴んだため、日本ではこの曲が一番のヒットとなった。

レコード会社を移籍後、しばらく低迷期を過ごすが、1974年には「雨に微笑みを」、エルトン・ジョンと組んだ「バッド・ブラッド」が再び全米No.1に輝く。キャプテン&テニールに提供した「愛ある限り」も大ヒットを記録し、完全復活を果たした。

代表曲の「Ohキャロル」のキャロルとはキャロル・キングのこと

娘のダラ・セダカも歌手になり、セダカとコンサートで共演し、デュエットを披露していた。

| 恋空

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。